ボールを持った時の選択肢

フットサルではボールを持った時の選択肢が大事です。ボールをもらった時にその局面によって選ぶプレーは変わってきます。例えばゴール前ならシュート、自陣ならばフリーの相手にパス、自分の前方が空いていたらドリブル、などその時々によってやるべきことは異なってきます。ただし、落ち着いてそれを行うにはボールをもらった時にいくつかの選択肢が頭に浮かんでこなくてはいけません。そこで、パスをもらったらまずパスすることを考えてプレーしてみましょう。パスを出すことを常に意識してプレーしていると、自然と周りを見ることができボールをキープしたときの選択肢が広がります。

フリーの味方が見えても、自分の体制が整っていなければ無理にパスする必要は有りません。同様に無理に見方を探して危険なパスをするよりも落ち着いてボールキープし安全に出せる見方を探した方がいい。しかしあまりに消極的すぎては得点チャンスが作り出せない。フリーの味方がいても目の前の敵にカットされそうな状況ならフェイクを入れて敵の体勢を崩しドリブルで交わしてからパスをするなど自分でチャンスを作ることも大切です。パスとドリブルの判断がフットサル大会では必要になります。

★フットサル大会を探すには、フットサル大会・ソサイチ大会のVAINQUEUR SPORTSがおすすめです。