スピードパス

ドリブル中やボールに追いついた瞬間など自分の走るスピードを殺さずにパスを出したいときは有効です。インサイドやアウトサイドで走りながらキックすれば、出してからもスピードを緩めず移動できます。パスを出した後、空きスペースに飛び込んでリターンパスを待ったりスクリーンをかけに行ったりなど、次にどんなプレーを展開したいのかビジョンが思い描けていればこれらのパスが活きるはずです。インサイド以外のキックを使うときに注意してもらいたいのは弱く蹴りすぎないことです。これは当然、敵にカットされることを防ぐため、その不安が少しでも頭をよぎったら強めに蹴っておきましょう。敵にカットされるくらいならボールがコートから出た方がディフェンスに戻る時間を作れるため失点の確率が低くなります。